お葬式の習わし研究会

各地におけるお葬式の習わしについて研究しています

家族葬を執り行うときの具体的事情

コンパクトな家族葬というお葬式スタイルを選択する事情

個人の意向であったり、急なお葬式であったりと状況によっては葬式を行うときに通常の葬儀ではなく、小規模な家族葬を選択するという場合があります。
家族葬は家族などの身内のみで内内に行うものです。
通夜や告別式は行いますが、それで終わらせるコンパクトなものです。

家族葬では速やかにセレモニーが進行します

家族葬を採用することのメリットはこの規模を小さくできるということが挙げられます。
大規模に葬儀を行うということがあまり望ましくないという場合にはそれをあまり表に出さないように行うことができます。
時間などについて速やかに終わらせることができるということから、亡くなった人だけでは済まない問題などがあるときに、それを解決するための時間を作ることができるようになります。
多くの財産などを持っているという場合などにはあまり嗅ぎ付けられたくない状況なども存在しますから、そうした時に手短に家族だけはしっかりと別れを済ませることができるという形式であることは有用であるということができます。

故人が希望する場合は連絡すべき近しい方が告げてある場合もあります

本人の遺書などでの意向として家族葬を選ぶという場合には、前述のメリットは当然ありますが周囲への気遣いなどをすることが必要な場合にはあらかじめ準備を行っておくとよいものもあります。
亡くなった事を知らせておくべき人は誰なのかということや連絡をしておく必要がある場所など遺族では見当のつかないようなことも多々あります。
前もってリストアップしておくことで通知をすることができますし、家族葬として小規模に執り行うことで遠方に住む人などが多い場合には簡潔に済ませておくことができるので有効です。
相互に高齢になっている場合などには移動の負担もあるのでより選択する手段として有効ですし、効果的な側面を生かすことができます。

葬儀オンライン記事一覧