お葬式の習わし研究会

各地におけるお葬式の習わしについて研究しています

家族葬などの小さな葬儀について

心のこもったお葬式をしたいという方が増えています。

葬儀を執り行う立場になった際、故人にふさわしい送り方をするには、一体どのような形の葬儀にすればよいか、葬儀の進め方と形式について、少なからず悩むところです。
最後のお別れなので、出来るだけ大勢の人に見送ってもらいたい、と考えられる遺族の方もいるでしょう。
それとは逆に、ごく親しい人たちだけで、心のこもった見送りをしたい、と考えている方もいるでしょう。
そういったニーズに応える形で、最近は「家族葬」と呼ばれる葬儀の形が増えてきているのはご存知でしょうか。

家族葬は遺族の負担が小さい暖かなお葬式のこと

家族葬とは、故人に近い親族の方のみで葬儀を行なうという葬儀になります。
以前は「密葬」と呼ばれていたのですが、より温かみを感じることが出来る家族葬と言う言葉で、あらたに浸透してきた傾向があります。
親族だけでお別れをする家族葬が選ばれている理由として、経済的な事情もそのひとつとなります。
通夜・告別式は、規模が大きくなればなるほど、その下準備に掛かる労力と費用は膨大なものになります。

遺族の負担を軽くし、煩わしい弔問客対応を減らしてくれます

もちろん、葬儀会社や周囲のサポートはあるものの、親しい人を失ったショックも癒えぬまま、様々な手続きをしなければならないのは、やはり大変な負担であることは、充分理解できます。
また、参列者への対応に追われるうちに故人を送り出してしまう形となってしまうことになれば、後悔しきれるものではありません。
そういった、遺族側の様々な負担を極力抑え、悔いを残すことなく故人とお別れすることが出来る点が、小さな葬儀の大きな魅力となっていると言えます。
少子高齢化による参列者の減少もあることから、内容と料金を明示したパックを用意している業者もあります。
中には、生前に自ら葬儀会社に問い合わせや相談をすると言う人もおり、家族葬は広く浸透しつつあると言えます。

葬儀オンライン記事一覧